2019年08月19日(月)

宮崎日日新聞社
マスコミ
基本情報

4000万円

73億1800万円(2018年3月期)

社員258人、嘱託・アルバイト36人

42歳

19.3年(2018年5月現在)

6.9時間

10.9日

10人(うち男性6人、女性4人)

6人(うち男性2人、女性4人)

8.9%(67人中女性6人 2018年5月現在)

1940年11月25日

町川 安久

〒880-8570 宮崎市高千穂通1-1-33

0985-26-9315

0985-20-7254

http://www.the-miyanichi.co.jp/

地域密着の新聞報道と関連事業で宮崎に貢献します!

 宮崎県を代表するメディアです。「読者と共感、県民と共感」をスローガンに、地域密着の新聞報道を展開しています。災害はもちろん、政治、社会事象、文化、スポーツなどあらゆる報道分野で、私たちはこの「共感」の精神をさらに磨いていきます。

 「共感」の精神は報道だけでなく、広告、販売、イベント企画などすべての社業に共通しています。新しいデジタルサービスとして2018年4月、定期購読者向け会員制ニュースサイト「デジタル夕刊 プレみや」を開設。新聞発行を核に、新事業にもチャレンジしていきます。

先輩インタビュー

県民目線で宮崎の最新情報を正確に伝える記者に

2018年08月23日

報道部

川原 智美さん

鹿児島大学法文学部卒業

Pick!Up企業

読者と共感、県民と共感

2018年06月20日

宮崎県を代表するメディアです。県内で発行されている新聞のうち、本紙の市場占有率は6割超と、多くの県民の皆さんにご購読いた[続きを読む]

  • 会社紹介
  • 採用情報
  • 説明会2
  • インターン2
  • 会社紹介

    事業内容

    ・宮崎県内や国内外のニュースを報道する日刊新聞発行
    ・宮日こども新聞の編集、発行
    ・ホームページでの速報など紙面を補完するウェブ事業
    ・定期購読者向け会員制ニュースサイト「プレみや」の運営
    ・紙面データベースの有料公開
    ・新聞広告の企画、掲載
    ・フリーペーパーの編集、発行
    ・文化、芸術、スポーツなどイベントや大会の企画、招致、運営

    沿革

    1940年 宮崎県内の日刊新聞社9社を統合し、「日向日日新聞」創刊
    1949年 第1回県美術展(現在の宮日総合美術展)開催
    1959年 第1回日向日日農業技術賞を発表
    1961年 「宮崎日日新聞」に改題
    1964年 宮日母子福祉事業団を開設
    1965年 創刊25周年を記念して宮崎日日新聞賞を創設
    1967年 第1回宮日旗争奪早起き野球県大会を開催
    1968年 紙齢1万号
    1970年 カラー紙面製作で日本新聞協会の「新聞印刷技術賞」受賞
    1991年 第1回宮日広告賞贈呈
    1993年 新本社ビルの宮日会館が落成
    1996年 紙齢2万号
    1997年 第1回宮日スポーツ賞贈呈
    1999年 題字を現在の横組みカラーに変更
    2000年 本紙ホームページ開設
    2002年 印刷工場「佐土原センター」が完成
    2005年 フリーペーパー「きゅんと」創刊
    2011年  地方紙初の有料経済情報サイト「みやビズ」開設、口蹄疫報道で第26回農業ジャーナリスト賞を受賞、日本新聞協会の第31回新聞広告賞に本紙口蹄疫復興支援プロジェクト
    2012年 「宮日こども新聞」創刊
    2013年 本社開放イベント「宮日こどもDAY」開催
    2014年 連載「がん時代を生きる」が第33回ファイザー医学記事賞優秀賞を受賞
    2015年 連載「だれも知らない~みやざき子どもの貧困」が日本新聞労働組合連合(新聞労連)の第19回新聞労連ジャーナリズム大賞優秀賞を受賞、防災ワークショップ「災害犠牲ゼロキャンペーン『ソナウレ!~備えあれば憂いなし』」スタート
    2016年 連載「ウナギNOW」が水産ジャーナリストの会大賞を受賞、見学施設「みやにちミュージアム」オープン
    2017年 「宮日こども新聞」創刊5周年で記念イベント
    2018年 定期購読者向け会員制ニュースサイト「プレみや」開設。宮崎県内企業と若者をつなぐサイト「宮崎県就職ナビ」を開設
    2019年 シリーズ「自分らしく、生きる 宮崎から考えるLGBT」が新聞労連の第23回新聞労連ジャーナリズム大賞優秀賞を受賞

    事業所

    ■6支社
     東京支社
     〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-6 陽光銀座三原橋ビル4階
            TEL:03-3543-3825

     大阪支社
     〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-6-30 エム・タナカ梅田ビル4階
            TEL:06-6341-6900

     福岡支社
     〒810-0001 福岡市中央区天神2-8-41 福岡朝日会館8階
            TEL:092-751-2851

     延岡支社
     〒882-0822 宮崎県延岡市南町2-5-6 延岡宮日会館
            TEL:0982-21-3821

     都城支社
     〒885-0032 宮崎県都城市中原町39街区1号 都城宮日会館
            TEL:0986-24-0659

     日南支社
     〒887-0022 宮崎県日南市上平野町1-2-8
            TEL:0987-22-2620

    ■10支局
     日向支局、高千穂支局、小林支局、えびの支局、高鍋支局、西都支局、
     都農支局、新富支局、東諸支局、串間支局

    ■印刷工場
     佐土原センター(宮崎市佐土原町東上那珂16079-49)

    関連会社

    宮日総合広告(株)
    (株)宮日サービスセンター
    (株)宮日開発センター
    宮崎日日新聞販売(株)
    (株)宮日文化情報センター
    (株)都城宮日サービスセンター
    (株)延岡宮日サービスセンター
    宮日ビル管理(株)
  • 採用情報

    募集職種

    編集職、営業職

    仕事内容

    【編集職】
    外勤記者=社会、政治、経済、文化、スポーツなどの取材をします。主に宮崎県内が取材エリアですが、県外や海外で取材することもあります。また、写真撮影をメインとする写真記者がおり、望遠レンズやドローンも駆使します。
    内勤記者=記者が書いた記事に見出しをつけ、読みやすいようレイアウトをするのが仕事です。整理記者ともいいます。

    入社後、本社で外勤、内勤記者として一定期間勤務し、県内13の支社・支局に配属されることがあります。

    【営業職】
    新聞広告の営業、企画立案、広告代理店との交渉のほか、フリーペーパーの広告営業・編集の仕事があります。文化、スポーツなど年間通じたイベントの企画・運営、新聞の普及、販売店との連絡・調整といった仕事もあり、業務は多岐にわたります。

    入社後、本社で一定期間勤務し、県外支社(東京、大阪、福岡)などに配属されることがあります。

    募集対象・応募資格

    1990年4月2日以降生まれで、2020年3月に大学・大学院を卒業・修了見込み、または既に卒業・修了した方。学部学科は問いません。
    同程度の学力を有する方、社会人経験の方も応募できます。

    採用人数

    若干名

    応募方法

    まず「宮崎県就職ナビ」よりエントリーをお願いします。様々な情報をお伝えします。
      ▼
    当社ホームページ(http://www.the-miyanichi.co.jp/)の「社員募集」からアクセスしてくだい。以下、二つの方法のうち、いずれかを選んで応募できます。提出期間は3月1日~4月8日(郵送必着)です。
    ①ウェブ上で応募=応募書類の各項目に必要事項を入力し、顔写真を添えて送信
    ②郵送・持参=応募書類をダウンロードして自筆で記入し、郵送か持参

    採用フロー

    1次選考(個人面接、作文)
      ▼
    2次選考(時事・国語、適性検査、集団討論)
      ▼
    3次選考(個人面接)
      ▼
    内々定

    日程、会場は宮崎県就職ナビでエントリーした方、会社説明会参加者にお知らせします。サイト利用を希望しない方は、総務部人事課にメールでお問い合わせください

    選考方法

    筆記試験(作文、時事・国語)、適性検査、面接

    提出書類

    当社指定の履歴書(写真添付)、自己紹介書

    基本給

    大卒     166,950円
    大学院了   177,250円
    高専・短大卒 153,000円
    ※いずれも2018年4月実績

    諸手当

    外勤手当(外勤職場対象)
    ※時間外労働の有無にかかわらず、1日2時間分の手当として月額23,400~45,900円。2時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給
    時間外手当
    家族手当
    健康保険補助
    介護保険補助(40歳以上)

    【モデル月収例】
    197,470円(2018年4月実績)=基本給166,950円、住宅手当16,020円、通勤手当14,500円

    昇給

    年1回(4月)

    賞与

    年2回(夏季、冬季)

    休日・休暇

    【休日】完全週休2日制、年間123日(印刷部は140日)
    【休暇】年次有給休暇(最大23日、半日単位の取得可能)、リフレッシュ休暇(連続7日まで)、結婚・出産休暇 ほか

    保険

    各種社会保険

    福利厚生

    育児休業制度(最長満2歳の誕生日まで)
    介護休業制度(対象家族1人につき通算6カ月まで)
    資金貸付制度(住宅、教育、結婚)
    保養所利用補助金
    企業型確定拠出年金 ほか

    勤務地

    本社(宮崎市高千穂通)
    宮崎県内3支社(延岡、都城、日南)
        10支局(高千穂、日向、都農、西都、高鍋、新富、東諸、小林、えびの、串間)
    宮崎県外3支社(東京、大阪、福岡)
    印刷工場(宮崎市佐土原町)

    勤務時間

    1日8時間勤務(実働7時間、休憩1時間)
    ※勤務時間は原則として9:00~17:00、10:00~18:00
    ローテーション職種、夜勤職種あり

    研修

    入社前研修、新入社員フォロー
    各種社員研修、記者研修
    入社10年目海外研修助成制度
    自己開発プログラム支援制度 ほか

    採用実績(学校)

    青山学院大学 、 大分大学 、 大阪大学 、 お茶の水女子大学 、 鹿児島大学 、 活水女子大学 、 北九州市立大学 、 九州大学 、 熊本大学 、 慶應義塾大学 、 神戸大学 、 神戸市外国語大学 、 佐賀大学 、 静岡大学 、 西南学院大学 、 専修大学 、 中央大学 、 筑波大学 、 東京大学 、 東洋大学 、 東北大学 、 同志社大学 、 長崎大学 、 名古屋大学 、 一橋大学 、 広島大学 、 福岡大学 、 法政大学 、 宮崎大学 、 宮崎公立大学 、 宮崎国際大学 、 宮崎産業経営大学 、 明治大学 、 山口大学 、 横浜国立大学 、 立教大学 、 立命館大学 、 琉球大学 、 早稲田大学

    採用実績(人数)

    2018年4月 2人
    2017年4月 2人
    2016年4月 6人
    2015年4月 5人
    2014年4月 4人

    問い合わせ先

    〒880-8570
    宮崎市高千穂通1-1-33
    総務局総務部人事課
    TEL:0985-26-9315
    FAX:0985-20-7254

    E-mail

    jinji@the-miyanichi.co.jp
  • 説明会

    3月22日、会社説明会(宮崎会場)
    宮崎日日新聞社は、2020年4月入社の採用試験に向けた会社説明会を3月22日に宮崎市高千穂通1丁目の宮日会館で開催します。 編集、営業職の具体的な仕事内容をお伝えします。若手社員も登壇し、カタチになる新聞社の仕事の魅力を語ります。社員との懇談では、皆さんの率直な疑問や質問をぶつけてください。 フロア見学も予定していますので、新聞社の仕事の雰囲気が分かるチャンスです。この機会にぜひご参加ください。
    締め切りました
    3月13日、会社説明会(東京会場)
    宮崎日日新聞社は、2020年4月入社採用試験に向けた会社説明会を共同通信会館5階(東京都港区虎ノ門2―2―5)で開きます。 紙面の特徴や編集、営業職の具体的な仕事内容をご説明します。「記者ってどんな仕事をしているの」「営業社員の一日のスケジュールは」「休みはどのくらいとれるの」…皆さんの疑問にお答えします。首都圏に住む方や都合のつく方は、この機会にぜひお越しください。
    締め切りました
  • インターン

    新聞社の仕事を知る! 1DAYインターンシップ(2/15)
    主に記者の仕事を体験していただく1DAYインターンシップを企画しました。模擬取材体験のほか、社員との懇談会、社内見学を予定しています。 新聞社の仕事に興味がある人や、宮崎の地域づくりに貢献したいとお考えの方は、奮ってご参加ください。記事執筆体験を通じて文章力向上にもつながるはずです。簡潔に文章をまとめたい、エントリーシートを書く練習をしたい─という皆さんもぜひご応募ください。
    締め切りました
    新聞社の仕事を知る! 1DAYインターンシップ(1/12)
    主に記者の仕事を体験していただく1DAYインターンシップを企画しました。取材体験のほか、社員との懇談会、社内見学を予定しています。 新聞社の仕事に興味がある人や、宮崎の地域づくりに貢献したいとお考えの方は、奮ってご参加ください。記事執筆体験を通じて文章力向上にもつながるはずです。簡潔に文章をまとめたい、エントリーシートを書く練習をしたい─という皆さんもぜひご応募ください。
    締め切りました