2019年07月23日(火)

Pick!Up企業

「宮崎に貢献」理念に 未来へつながる成長を

迫園洋二 取締役総務局長

Q.どんな会社ですか?

A.宮崎県にある民放局で、2020年に50周年を迎えます。宮崎県は民放2局地区で、テレビ宮崎はFNN(フジテレビ系)とNNN(日本テレビ系)、ANN(テレビ朝日系)それぞれとニュース協定を結んでいます。ゴールデンタイムの編成も他県とは異なりますが、2局地区の利点を生かし、若い世代の視点を取り入れながら、さらなる成長を目指しています。




Q.経営理念は?

A.「宮崎に貢献すること」がテレビ宮崎の会社の大切な役割だと考えます。まずは、報道機関としての使命を果たし、宮崎県民に信頼される番組作りや放送を行っていくために、社員には「愛する宮崎のために何ができるのか、自分自身で考え努力し続けること」を求めています。また、意欲ある若い世代が活躍できるよう風通しのよい雰囲気作りを心掛けています。


Q.総務部という立場から、仕事や社員への思いを教えて下さい?

A.仕事は24時間途切れることはありませんが、社員には心身ともに健康で働いてほしいと思っています。総務では、報道機関というメディアだからこそ模範となれるような勤務体制を目指しています。また、出産や育児、介護中の社員もワークライフバランスが整うよう時差勤務の実施や業務改善などを行い、安心して働ける会社作りに努めています。


Q.福利厚生など会社のアピールポイントは?

A.社員に対して、手厚い補助制度があります。特に20数年前から実施しているリフレッシュ休暇制度は、1年に1回5日間連続で休みを取れる制度で、休暇を取る社員には奨励金を出しています。また、女性の管理職も登用されているので、今後ますます女性の活躍の場が広がっていく職場です。


Q.どんな人材を求めていますか。また、どんな人が向いていますか?

A.テレビ局には報道や制作、営業、編成、技術、総務など「異業種のかたまり」と言われるほど、さまざまな職種があります。まずは、どの職種においても、心身共に健康でコミュニケーションが取れる人を求めています。また、自分自身で「意義」を見付けられる人は向いていると思います。実際に働いてみたときに、宮崎やテレビ局で働く意義を見付けられる人は、きっと仕事が楽しくなっていくと思いますよ。


Q.今後の会社のビジョンをどのように描いていますか?

A.50周年に向けて未来につなげる成長戦略を掲げています。若い世代も含めて、みんなの力を結集し、次なる100周年にむけて自分たちに何ができるのか、希望に向かって明るく進んでいこうと考えています。


社員インタビュー

報道制作局 報道部 成井三優さん(入社1年目)
編成業務局 編成業務部 岩本祐哉さん(入社1年目)
技術局 技術部 川畑侑生さん(入社1年目)



Q.どんな仕事をしていますか?

成井 報道部内で社会部を担当しています。事件や事故が発生したら現場へ行き、取材し、原稿を書いてニュースに出すという仕事です。地域に密着した街ネタの取材にも行きます。



岩本 編成は、どの番組に、どのスポンサーのCMを流すのかを調整する仕事です。流す時間帯で値段も変わります。テレビ局の収入という経営の根幹にも関わります。今は、福岡エリアの担当をしています。


川畑 自社制作番組の収録業務のほか、放送を24時間管理するマスター室で、CMが予定通りに放送されているか確認したり、系列局から届く番組の収録をしたりしています。また、県内の送信局や中継局の保守保全業務などもしています。



Q.今の仕事で、どんなところに魅力ややりがいを感じていますか?

岩本 新しいスポンサーに、自分が提案した内容を受け入れてもらえ、実際に発注がきたときはうれしかったです。告知番組の映像や原稿を用意し、収録現場にも立ち会うので、CMを通じてテレビの制作に関わっているという感覚も面白いです。



川畑 常に緊張感や責任感が伴う仕事です。スタジオカメラの業務の際、良い画角で撮れたときは嬉しいです。技術部は覚える事が多く、勉強する毎日なのでとてもやりがいを感じています。


成井 普通に生活をしていたら自分が興味あることしか知ろうとしないでしょうが、仕事を通じて日々、これまで会ったことのない人と知り合えて、新しいことを学べるのが一番楽しい、と感じています。



Q.職場の雰囲気や先輩、上司との関係はどうですか?

川畑 職場がワンフロアなので風通しは良いと感じます。部署によると思いますが、1年目から責任ある仕事を任せて頂き、先輩方がいろいろと教えてくれるので、自分が成長できる良い雰囲気の職場だと感じます。



成井 誰に聞いても、どんなに小さい事でも教えてくれます。ニュース放送前は先輩も忙しそうですが、それを除けば、時間を掛けて丁寧に教えてくれます。


岩本 注意されるときも、その理由が明確なので、次の対処が取りやすくなります。自分が成長するために注意してくれていると感じるので、良い雰囲気だなと思います。



Q.休みの日は何をしていますか?

成井 できるだけ寝て、大好きなテレビを観ています。舞台鑑賞が好きなので、旅行の計画を先に立てて、その日に向けて仕事を頑張っています。


川畑 外に出るようにしています。社会人になってゴルフを始めたので、ゴルフの練習をしたり、釣りに行ったり、ジムに行ったりしています。また、第1級陸上無線技術士という技術の仕事に関わる資格の勉強もしています。


岩本 基本的に土日が休みなので、九州内を旅行したり、社会人バスケットチームで汗を流したりしています。



Q.会社の福利厚生などはどうですか?

岩本 社員食堂が安くておいしいですよ。


川畑 シフト制で、希望の休みなどが申請できます。また朝のスタートが9時半とゆっくりしているので車が混雑する時間を避けられます。


成井 食堂はメニューの種類が豊富でうれしいですね。サラダバーもあります。リフレッシュ休暇で長い休みが取れるのも良いですね。



Q.一言で言うと、どんな会社ですか?

成井 自由な会社だなと思います。


川畑 社内全体にアイディアを募集したり、1年目でも責任ある仕事を任されたりなど、若い人が活躍できる会社だと思います。


岩本 先輩から自分たちに意見を聞いてくれることがあるなど、風通しの良い会社だなと感じています。