2020年6月1日(月)

採用担当者に聞く

クボタ住宅
幅広い事業展開で住みよい環境を提供

2020年1月8日

代表取締役/久保田 嘉人 さん


Q.どんな会社ですか?

A.会長が29歳の1982(昭和57)年に創業以来、賃貸仲介を中心に土地分譲、住宅建築、不動産取引、リフォーム、ビル&マンション管理を行う業者として38年間地域に貢献してきました。
スタッフのきめ細やかで迅速な対応と万全の管理システムにより、オーナー様や入居者様にも高い信頼をいただいております。今後は、不動産のコンサルティングや資産運用の提案を積極的に行うことで、管理戸数を増やし、安心した会社経営につなげていきたいと考えています。お客様へ温かな住宅を提供し、住み良い街となるようスタッフも共に成長して住環境を整えたいと思います。


Q.企業理念は?

A.住まいを通してお客様の満足いく豊かな空間を創造し、地域社会に貢献したいと思っています。スタッフが健康で明るく働きがいがある会社を目指し、人間成長をする場にしています。そして、蓄積した情報と知識を地域に還元し、共に学び続けることを理念としています。


Q.仕事や社員への思いは?

A.社長が代わったばかりで、会社も若い。スタッフには失敗を恐れずいろんなことにチャレンジしてもらいたいですね。「住まい」に関することは自社で請け負っています。清掃や設備、リフォームなどさまざまな分野を展開しているので、やる気のある人に仕事を任せていきたいです。


Q.アピールポイントは?

A.情報や知識を共有するためにセミナー研修を年に数回開いています。他には宅地建物取引士の資格取得の受験制度があります。


Q.どんな人材を求めていますか?

A.不動産は簡単には取り換えができない商品ですから、良いもの、悪いものをしっかり伝えて対応できると良いですね。知識や資格は入社してから勉強すれば大丈夫。お客様に信頼してもらえる、誠実な方を求めています。