2020年6月1日(月)

注目企業

清本鐵工
若手社員座談会 ~清本鐵工 編~

2019年12月27日

メンテナンス事業本部 延岡事業部 愛宕課 酒井 篤史さん(入社4年目)
メンテナンス事業本部 延岡事業部 業務・技術課 大石 涼乃さん(入社3年目)
製品事業本部 製造部 製造2課 児島 三四郎さん(入社3年目)




Q.どんな仕事をしていますか?

酒井 旭化成の工場で機械メンテナンスの現場監督をしています。人と会う機会が多くいろいろな人と話しができたり知り合えたりする機会があります。



大石 大武町のメンテナンス事業本部で事務をしています。高校生の時から数学が好きで簿記にも興味があったので、やりたかった仕事ができていると思います。


児島 橋梁の設計をしています。当社は「鉄に関することは何でも」作っていますが、漠然としていてイメージが湧かないかもしれませんね。いろいろな部署があり、創業からこれまでさまざまな新しいものづくりに挑戦してきました。精密機械の部品や食品加工機械、船に使われる大きな部品などさまざまな製品を生産しています。




Q.今の仕事で、どんなところに魅力ややりがいを感じていますか?

酒井 多くの人と出会えること。中にはプライベートでのお付き合いができるほど仲良くなった人もいます。今、1人でキャンプをする「ソロ・キャンプ」にはまっていますが、その趣味も仕事で出会った人の影響です。


大石 福利厚生がしっかり整っており、安心して働けます。また、地元就職は両親の希望だったので、一つ親孝行ができたと思っています。



児島 目に見える形で自分の仕事が残せることです。そしてそれが地域の人たちの役に立つものであれば、なお、うれしいです。そのような仕事に関わっていることは、とても誇らしいと感じます。




Q.職場の雰囲気や先輩、上司との関係はどうですか?

酒井 雰囲気は良いです。コミュニケーションが取れていないと、仕事ができません。先輩からは、かなり細かいところまで指示されます(笑)。仕事や気持ちをため込むタイプなので、様子を見て声を掛けてくれます。


大石 職場内で最年少なので、よく声を掛けてもらえます。こちらが尋ねなくても教えてくれることもあり、とても助かっています。


児島 職場は、とにかくフレンドリーです。ただし、仕事となると真剣になり、ぴんと空気が張りつめます。そんなメリハリのある職場です。





Q.今後このようになりたい、という目標は?

酒井 もっと知識を深めて機械の不具合が起きた時の対処方法を的確に周りに伝えられるようになりたいです。


大石 仕事に役立つ、いろいろな資格を取りたいです。


児島 今はお客様の要望を基にものづくりをしていますが、いつかゼロから何かを作り上げたいと思っています。




Q.会社の福利厚生などはどうですか?

酒井 夏の間は週休2日、それ以外は隔週で土日休みになっています。どうして夏が週休2日なのかというと、「暑いから」と上司が言っていました(笑)。勉強する機会が多く、資格を取るための費用や交通費、宿泊費までサポートしてくれます。


大石 産休や育児休暇、子どもの看護休暇など女性にうれしいと同時に助かる休暇制度が充実しています。


児島 野球大会や地引網大会、まつり延岡での神輿担ぎやばんば踊り、ボウリング大会など社員同士で交流できる年間イベントがあります。




Q.休みの日は何をしていますか?

酒井 とにかく今は「ソロ・キャンプ」にはまっていて、共通の知人と一緒に自然を満喫しながら楽しんでいます。ロケーションが良く、無料の設備が充実している美郷町の板ケ原キャンプ場がお薦めです。


大石 子どもが1歳なので、休みは子どもと遊んでいます。ストレス解消にはお酒を飲んで寝ます(笑)。


児島 多趣味なのでいろいろやっています。野球やゴルフ、釣りなど。キャンプも好きで、真冬の誰もいない阿蘇に出掛けたこともあります。




Q.あなたにとって宮崎で働くこと、そして今後は?

酒井 都会は旅行や出張など、短期間で行くなら良いのですが、私には合わないですね。自然が好きなので宮崎が良いです。
今はメンテナンスの監督ですが、設計もやりたいと思っています。メンテナンスも楽しく仕事をしていますが、今後に期待しています。この会社は工業系や機械いじりが好きな人にはぴったりで技術、知識が身に付くし勉強になります。地元に根付いた企業なので地元密着のイベントが多く、延岡市で働きたい人にも良いと感じます。


大石 宮崎から離れないことは、両親の希望だったのでその気持ちに従いました。本当は県外に出たい気持ちもありましたが、残って就職、結婚、出産、今は本当に良かったと思っています。
職場の方が年上ばかりで緊張していましたが、徐々に慣れてきました。今後は簿記1、2級など挑戦できる資格を取って仕事に役立てたいですね。


児島 地元が好きで、離れたくなかった。いつかゼロから何かを設計できるなら、北方の干支大橋みたいな大きなものを作りたいと思います。
我が社の製品の精度や品質、安全に対する考え方は国内でもトップクラス。国交省から5年連続で優秀企業賞をもらっています。国内でも高いレベルの技術を見て学ぶことができます。ものづくりに興味がある人はぜひ、来てください。