2020年6月1日(月)

注目企業

サザンクロスシステムズ
若手社員座談会 ~サザンクロスシステムズ 編

2019年10月10日

第一事業部 金丸 慧太朗さん(2016年4月入社)
第一事業部 松尾 拓哉さん(2014年4月入社)
第一事業部 渡邉 有美香さん(2009年10月入社)



Q.どのようなきっかけで就職したのですか?

金丸 宮崎市出身で、芝浦工業大学システム理工学部を卒業しました。東京で働きたいと考えていたのですが、宮崎に帰ることも選択肢の一つとして就職活動をしていました。そんな時に「宮崎県ふるさと就職説明会」に参加して、いろいろな企業を見て回っていたところ、たまたま社長に声を掛けられました。とても話しやすくて、優しいおっちゃんといった印象でした(笑)。この会社なら東京で働くことができるし、宮崎にも事業所があるので、将来的に宮崎に帰って仕事をすることもできると思い、就職を決めました。



松尾 都農町出身です。九州工業大学情報工学部でプログラミングなどを学びました。就職はソフトウェア業界を希望し、大学にもサザンクロスシステムズの採用情報が来ていたのでチェックしていました。社長自ら大学に来て、個別に話をする機会がありました。社長の熱意と宮崎に事業所があるということもあり、就職しました。


渡邉 生まれは横浜市です。12歳の時に両親がえびの市にほれ込み、移住しました。鹿児島大学法学部を卒業し、別の会社で働いた後、宮崎県ソフトウェアセンターでネットワークエンジニアの資格を取り、東京の企業で契約社員として働いていました。契約を切られて困っていた時に社長と出会い、「うちにこないか」と誘ってもらいました。社長と同じ小林高校出身という縁もあり、気付けば就職して10年が経ちました。




Q.今の仕事に対してどのようなところに魅力ややりがいを感じていますか?

松尾 現在は主に企業のシステムの改修や保守をしています。チームのチーフというポジションなので、メンバーが作ったプログラムにアドバイスをしたり、取引先の要望をどのようにソフトに落とし込むかを考えたりしています。そのためにはシステムをきちんと理解していないといけないですし、メンバーが安心して相談できる存在でなければならないので、かなり気を遣います。チームで作り上げた機能がソフトに組み込まれ、取引先から「便利になった」と喜んでもらえるとうれしいですね。



渡邉 企業のベースとなるシステムの改修をしています。機能を追加したり削除したりして、企業に合うシステムにカスタマイズしていく仕事です。取引先と直接話しをすることが多いので、専門知識だけでなく、コミュニケーション力も問われます。カスタマイズされたシステムを取引先が使っているのを見ると、思わずニヤニヤしてしまいます(笑)。作り上げたものが世の中に出ていくので、とてもやりがいを感じます。


金丸 取引先と開発者をつなぐマネジメントをしています。無理難題な要望を言われたり、システム的にできない状況になったりすることもあるのですが、いろんな情報を集めて問題を整理し、両者が納得できる落としどころを見つけて提案するようにしています。苦労も多いですが、システムがうまく稼働するとほっとします。




Q.職場の雰囲気や、先輩、上司との関係はどうですか?

渡邉 年齢や性別、役職にこだわらず、自由に意見を言うことができます。飲み会で社長に意見を言うことも(笑)。2年目までの社員を対象に隔週土曜日、資格取得のための勉強会を開催。外部講師の派遣料などは会社が負担してくれます。



金丸 上司や先輩、後輩の壁がない感じです。先輩にいろいろと相談にのってもらうこともありますし、後輩から意見を言われることも。月に1回、ボウリングや花見、ウォーキングやVR体験などいろんなレクリエーションをして親睦を深めていることもあり、皆とても仲がいいです。


松尾 私は職場結婚なのですが、4月に子どもが生まれたので、現在妻が育休中です。産休や育休の制度も整っていますし、自分で調整すれば有給休暇もちゃんと取れます。スポーツクラブの割引や地域手当などもあり、働きやすい職場だと思います。




Q.休みの日は何をしていますか?

金丸 家にいるよりも出掛けることが多いです。入社後に始めたゴルフをしたり、夏は釣りをしたりしています。ゴルフは職場の人とラウンドすることもあります。


松尾 子どもと遊んだり、散歩したりすることが多いです。家で映画を観ることもありますが、今は子ども中心の生活ですね。


渡邉 私は金丸さんと違って、ずっと家に引きこもっています(笑)。ONとOFFの切り替えが苦手なので、家では飼っているネコをあやしたりして、なるべくリラックスするようにしています。




Q.一言で言うとどんな会社ですか?

松尾 「大企業にも負けない」会社です。小さい会社ですが、大手に引けを取らない技術力でシステム開発ができていると思います。


渡邉 「無理しなくていい」会社です。やりたいことはどんどんさせてくれますし、できないことはできるまで見守ってくれます。仕事を長く続ける上で、とても大切なことではないでしょうか。


金丸 「面白い」会社です。社長をはじめ、個性豊かな人が多いです。いろんな考えを持っていて、一つの話題に対して、全員が違うことを言うので面白いし刺激になります。




Q.今後の抱負は?

渡邉 会社オリジナルのシステムを開発したいと思っています。実は家で密かに設計書を作ったりしているんです。技術のセンスはないのですが、夢だけはあります!


金丸 今の仕事をする中で、自分の力不足を感じる場面があるので、もっとマネジメント力をつけたいと思います。そのために、もっと視野を広げて情報を取りに行くことを心掛けています。


松尾 現在は6人のチームで仕事をしているのですが、もっと人数を増やして、仕事の幅を広げたいです。さらに今の仕事だけに留まらず、やったことがない仕事も積極的にチャレンジしたいです。