2020年6月1日(月)

先輩の声

宮崎太陽銀行
お客さま第一の 銀行マンを目指して

2020年1月21日

松本 貴仁さん
青葉町支店
2019年入行
福岡大学経済学部卒業
1996年生まれ。宮崎市出身。福岡大学経済学部卒。2019年入行。宮崎市の青葉町支店で融資を担当している。
私の一日
わが社のここがポイント

☆お客さまから選ばれ続ける銀行を目指します
☆お客さまに心底喜んでいただくことを追求しています
☆地域社会との「ふれあい」を大切にします

Q.地元就職を決めた理由は何ですか?

A.県外の大学に進学したのですが、都会での就職は考えておらず、宮崎の企業にしぼって就職活動をしていました。福岡で企業説明会に参加した時に当行の説明を聞き、とてもアットホームな印象を受けました。金融機関というと堅いイメージがあったのですが、それが全く感じられず、ここで働きたい!と思いました。

Q.どうして今の仕事を選んだのですか?

A.中学生の時からバドミントンをしており、日章学園高等学校では、3年生の時にインターハイで団体戦・ベスト16の成績を収めました。金銭面で県や学校から支援してもらったことや、県外の大学に進学し両親に経済的な負担をかけてしまった経験から、お金の大切さを常に感じていました。自分なりに地元や両親に恩返しできる仕事はないだろうかと考え、たどり着いたのが地方銀行でした。両親が金融機関で働いていることもあり、身近に感じていたことも選んだ理由の一つです。

Q.今はどんな仕事をしていますか?

A.昨年4月に入行して2週間ほど研修を受けた後、青葉町支店に配属になりました。現在は、事業性融資や住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどを申し込まれるお客さまを担当しています。融資は、企業の将来やお客さまの人生を左右する仕事なので、常に責任の重さを感じています。お客さまと話をしていく中で、信頼関係を築くことができるので、やりがいを感じています。お客さまに対しては、明るく楽しく話すよう心掛けています。あるお客さまがマイカーローンを他行と比較検討していた時に、最終的に「松本さんのところでローンを組むわ」と言っていただけたことがあり、うれしかったです。 
 自己啓発については、金融関係の知識を習得するために積極的に参加するようにしており、仕事をしながら学ぶ機会が多いのは魅力です。今は生命保険関係の資格取得を目指して勉強中です。

Q.職場の雰囲気や人間関係はどうですか?

A.アットホームな雰囲気の中にも、ピリッと緊張感が漂う真面目な職場です。入行1年目なので分からないことばかりなのですが、上司に質問するときちんと教えてもらえますし、相談しやすい人ばかりです。先輩方は仕事とプライベートの切り替えが上手だなと感じています。取引先のイベントや地元の祭りなどに率先して参加し、楽しんでいる姿を見て、自分もそうありたいと思っています。
 福利厚生に関しては、残業も少なく休みもきちんと取ることができます。男性行員も育児休暇を取得していますし、女性行員が結婚や出産後も働き続けることができる職場環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

Q.今後の抱負を教えて下さい。

A.お客さまを第一に考え、さまざまなニーズに対応できる、明るく元気な銀行員を目指しています。金融という分野で、宮崎の発展のための橋渡しができればと考えています。

Q.休日の過ごし方を教えて下さい。

A.職場の同期や学生時代の友人と飲みに行ったりしてリフレッシュしています。実は、大学の時に腰を痛めてバドミントンから離れていたのですが、現在は小学生から社会人までが集うクラブチームに入ってプレーを楽しんでいます。試合に出場したり、クラブチームのメンバーや母校の後輩に教えたりすることも。プライベートな時間がしっかりと確保できているので、充実した日々を送っています。