2019年04月21日(日)

ナビ担当者のつぶやき

最多42人が参加! みやざき×働くミーティング宮崎で2回目の開催

2019年02月01日

宮崎県内企業で就職を考えている学生と、「宮崎県就職ナビ2020」に参加している企業の採用担当者などが交流する「みやざき×働くミーティング」は2月1日、宮崎市のニューウェルシティ宮崎で開催されました。東京、福岡会場を含め4回目となる今回は、希望者多数のため会場を拡大して実施。学生は過去最多の42人が参加し、企業担当者との交流を楽しみました。

今回は、イベントに参加した学生に話を聞きました。

―イベントに参加した感想は?

Aさん(男性) 時間が短く感じるくらい、楽しかったです。15社のブースを約2時間ですべて回るので、1ブースは各7分くらい。企業の担当者は、タブレットやパンフレットを使って、仕事の内容などを詳しく説明してくれました。

Bさん(男性) 一番聞きたかったのは「どんな人材を求めているか」でした。企業ごとに求める人材像が違い、非常にためになりました。内定を取るためのヒントになるかもしれません。最初はみんな緊張していましたが、企業の方が気持ちをほぐしてくれて、慣れていくうちに質問しやすい雰囲気になりました。堅苦しい雰囲気は全くありません。

―これから参加する人にアドバイスはありますか?

Aさん このイベントは、多くの企業の採用担当者と出会い、直に話をできるチャンスです。採用担当者の方には企業説明会などで再び会うことがあるので、メモを取りながら話を聞くことが大切だと感じます。

Bさん イベントの最初には、各社3分間のプレゼンがあります。そこで会社の概要や雰囲気をつかみ、その後の交流会で詳しく話を聞くことが大切です。イベントに参加する前に、志望している業界のことを勉強していると、さらに頭に入りやすいと思います。

Aさん 各社のブースでは、企業担当者の説明を聞く時間が多いので、自分がしたい質問を1、2個に絞っているといいと思います。同じテーブルには自己PRをする学生がいて、採用試験のグループディスカッションのような雰囲気を事前に味わうことができました。

就職情報解禁日の3月1日が近づき、学生は目標が徐々に定まってきた様子です。イベントに複数回参加した学生もいて、「みやざき×働くミーティング」の参加者は述べ120人を超えました。次回は2月19日(火)に宮崎市のニューウェルシティ宮崎で開きます。イベントの模様はサイトに随時アップしていきます。