2019年10月20日(日)

先輩インタビュー

何でも応えられるハウスアドバイザーに

2018年12月26日

伊東 麻衣さん
アパマンショップ 株式会社宮崎南不動産
伊東 麻衣さん
本店 賃貸営業部
2016年入社
大原簿記公務員専門学校
1997年生まれ。宮崎市出身。大原簿記公務員専門学校を卒業し、2016年4月に入社。本店の賃貸営業部に配属され、アパートやマンションなどの賃貸物件の紹介や契約などに携わっている。
わが社のここがポイント
☆宮崎が大好きなスタッフが集う会社
☆ワークライフバランスを考えた勤務体制がある会社
☆アットホームな会社
Q.地元就職を決めた理由は何ですか。

 地元の宮崎が好きだということが一番の理由ですね。友人も多いので、これまでの環境をあまり変えずに働けるのも魅力だと思います。

Q.どうして今の仕事を選んだのですか。

 学生時代、就職するのか迷っていた時期がありました。その時に、友人と参加した就職フェアで会社のことを知りました。
 社長がとても親しみやすくて、緊張せずに話せたことが、会社に興味を持つ、きっかけになりました。

Q.今はどんな仕事をしていますか。

 賃貸営業部で、来店されたお客様にアパートやマンションなどの賃貸物件を紹介しています。入居が決まれば、契約書を作成、清掃の手配や物件に不具合がないか最終的に確認するなどの入居サポートも行います。
 最近は、お客様の来店に繋げてもらおうと、物件の写真を撮影してインターネット広告に掲載、発信する業務もしています。
 学生時代にしたアルバイトは接客業が多く、社会人でも接客の仕事をしたいと思っていました。営業の現場も、接客と通じる部分を感じます。特に「伊東さんが担当で良かった」とお客様に声を掛けてもらった時は、この仕事をやっていて良かった、と思う瞬間です。

Q.地元で就職して気づいたことはありますか。

 宮崎の人は温かい人が多いと感じます。県外のお客様にも言われますが、この仕事をしていてその良さに気付けました。
 宮崎には、休日にリフレッシュできるものがいろいろあるので、仕事のオンとオフの切り替えができる点も良かったなと思います。

Q.職場の雰囲気や福利厚生はどうですか。

 営業は、一人ひとりの責任感が求められる仕事ですが、この職場は、チームとして協力体制を作っているので、初めての繁忙期も周りの先輩方のサポートのおかげで乗り切れました。
 先輩方も相談しやすい雰囲気ですし、幅広い年代の方がいるので、お話するのも面白いなと感じています。
 働いていて一番良いなと思うのは、休みがしっかり取れることと、勤務時間が2パターンあることです。午前8時半から午後5時、午前10時半から午後7時までです。午後5時に終わる時は、帰りに病院へ行ったり、買い物をして帰ったりできますし、午前10時半始業の時は、朝方に用事を済ませることもできるので、プライベートを充実させることができますよ。
 また、仕事に生かす資格を取得しようとする際は、初回の受験費用(受験料、交通費、宿泊代)を会社が負担してくれます。この制度があって助かりましたし、勉強への意欲も高まりました。

Q.今後の抱負を教えてください。

 まずは、リピーターのお客様を増やし、担当者として選んでもらえるような職業人になりたいです。
 そのためには、建物や税金のことなどさまざまな知識を身に付けて、家のことなら何でも応えられるようなハウスアドバイザーを目指します。
 会社では建売・注文・リフォームなども行っているので、自分の家を自分で建ててみたいという夢も持っています。

Q.休日の過ごし方を教えてください。

 休日も朝早くから外出しています。宮崎には美味しい食べ物がたくさんあるので、いろいろな場所へ行って食事を楽しんでいます。
 最近ゴルフも始めました。ゆったりとゴルフコースを回る休日は、宮崎ならではの楽しみ方だと感じます。