2019年07月23日(火)

先輩インタビュー

責任感とやりがいで宮崎の農業支える力に!

2018年08月20日

齋藤 慧さん
宮崎県経済農業協同組合連合会(JA宮崎経済連)
齋藤 慧さん
園芸部販売流通課
2017年入会
宮崎大学教育文化学部卒業
1994年生まれ。宮崎市佐土原町出身。宮崎大学教育文化学部卒業。2017年JA宮崎経済連入会。園芸部販売流通課でピーマンの販売業務を担当。
わが社のここがポイント
☆日本の未来、農畜産業の未来。宮崎から創る・変えていく!
☆「農」の枠を超えた多様な業務に挑戦できます!
☆「仕事と家庭の両立応援宣言」に取り組み、働きやすい職場です!
Q.地元就職を決めた理由は何ですか。

 宮崎が好きで、生まれ育った宮崎で活躍したいという気持ちがあったからです。

Q.どうして今の仕事を選んだのですか。

 学生時代にニュージーランドへ語学留学をした際、トマトを栽培する現地の大規模農業法人で働き、日本や宮崎の農業に興味を持つようになりました。
 この経験を通して農業が専門分野ではなかった私でも、挑戦してみたいという気持ちがわき、農業に携わる仕事をしてみたいと思いました。

Q.今はどんな仕事をしていますか。

 ピーマンの販売業務を担当しています。生産者の方が出荷されたピーマンを市場に販売する仕事です。いつ、どこの市場に販売するかを見極めることが大切で、東京や大阪など県外の営業所と連携したり、私自身も全国の市場へ行ったりして情報収集に努めています。

Q.実際に就職してみて気付いたことはありますか。

 受け身ではなく、自分から行動することの大切さを感じました。職場は、たくさん質問ができる雰囲気なので、悩む時間があるなら質問をすることを心掛けています。特に、後回しにしたい案件こそ、早く解決しておいた方がいい事も学びました。

Q.これからの抱負を教えて下さい。

 温暖で日照量の多い宮崎県は、冬春期のピーマン生産量が日本一です。日本一の産地の維持拡大を支える力となり、宮崎のおいしいピーマンを多くの方に食べてもらえるよう、これからも努力し続けたいと思います。

Q.休日の過ごし方を教えて下さい。

 高校時代はラグビーをしており、体を動かすことが好きです。今は、マラソンや職場の野球部で汗を流しています。ちなみに、野球部では専らベンチを温めています(笑)。