掲載企業 イベント 就活虎の巻(会員限定) 就活ビギナー2023 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 業種別検索 お問い合わせ よくあるご質問 宮崎県就職ナビ2021
2021年6月14日(月)
トップ >  先輩の声 >  宮崎県警察本部 >  女性視点生かし県民の「安全・安心」目指す

女性視点生かし県民の「安全・安心」目指す

日髙 眞菜美さん
宮崎県警察本部 宮崎南署地域課 自動車警ら係
2020年4月 拝命
島根大学総合理工学部 卒業
1988年生まれ、広島市出身。2012年、広島県警に採用され、広島西警察署地域課で交番勤務や安佐北署刑事課を経験。19年に結婚を機に本県に移住し、宮崎県警に採用。宮崎県の印象は「スーパーに並ぶ野菜や魚がとても新鮮で、食べ物がおいしい」
私の一日
このような組織です!

「県民の期待と信頼に応える強くしなやかな警察」を目指し、5つの部と県内13の警察署が連携しながら事件・事故の未然防止や検挙に全力を挙げています。多様化する犯罪や激甚化する災害など時代の変化に対応するため、さまざまな個性を求め、人財育成に力を入れています。

宮崎で就職を決めた理由は?

2012年から広島県警に勤務していましたが、結婚を機に、夫の出身地である宮崎に来ました。警察官は小さいころから憧れていた職業。宮崎でもう一度仕事をしたいと思い、宮崎県警の採用試験にチャレンジしました。

宮崎で働いてみてどうですか?

宮崎には小学校の時に訪れて以来。土地勘もなく、当初は心配でしたが、周りのサポートで不安はなくなりました。宮崎の人はとても穏やか。食材はどれもおいしく、とても住みやすいまちだと感じています。

今の仕事を選んだ理由は?

昔から「強くて頑張っている女性」に憧れ、警察官は理想の職業です。自分の存在が少しでも県民の皆さまのためになればいいと思いながら仕事を続けています。仕事の内容は男女関係ありませんが、話し方や物腰など女性視点を生かしたいと考えています。

仕事内容は?

自動車警ら係として、パトカーに乗って管内を回っています。110番通報があれば現場に急行し、状況把握や手配、事故防止などを行います。一つ一つの積み重ねが、県民の安心・安全につながると信じています。相手の立場になって考え、行動することも必要です。さまざまな現場で「ありがとう」という言葉をかけられるとやりがいを感じます。広島県警時代には、海外語学研修制度を利用し、ベトナム語を2年間勉強しました。宮崎県警でも研修制度が充実していて、自分のスキルアップに役立っています。

福利厚生や職場の雰囲気は?

職場には女性が多く、女性同士で話すこともしばしば。和気あいあいとしていますが、事件・事故が発生したときのスイッチの切り替えが早く、「やるときはやる」という感じです。何事にもチームワークが必要で、団結力もあります。

採用までの道のり

理系の大学に進み、就職活動では一般企業も視野に入れていましたが、やっぱり自分の中で「警察官」しか考えられませんでした。大学卒業後、専門学校に通って採用試験の勉強をしました。

就活生へのメッセージ

就職活動では民間企業に入社する同級生の姿を見て、焦りはあったと思います。しかし、私は何かを決めるとき、「自分が後悔しないか」を基準にしています。皆さんも、自分が納得できる進路を探し続けてください。