会員登録 掲載企業 トピックス イベント みやにち就活ゼミ 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせ よくあるご質問
2022年6月27日(月)
トップ >  先輩の声 >  NPK >  広報のプロ、ワイン販売のプロを目指して
NPK

広報のプロ、ワイン販売のプロを目指して

2021年12月16日
川越 美聖 さん
特販事業部 事業サポートチーム
2021年4月入社
南九州大学 卒業
宮崎市出身。1998年生まれ。南九州大学 健康栄養学部 食品開発学科卒業。在学時にさまざまな食品開発を行ってきた。休日は食べ歩きやスイーツ作りを楽しむ。中でもシフォンケーキ作りが得意。2021年4月に入社し、特販事業部に所属。
私の一日
宮崎で就職を決めた理由は?

就職を意識し始めた当初は、県内外のこだわりも特になく、どちらでもいいと思っていました。県外の企業も調べていましたが、食品関係の仕事を探すと、宮崎には地元の魅力を生かし、地域貢献を目的としている企業が多くあることが分かりました。宮崎は食材が豊富にあるので、いろいろな食品開発ができるのではないかと思い、県内での就職を決めました。

今の仕事を選んだ経緯は?

弊社は、地域貢献を目指す企業として警備、介護、指定管理業務、農業、ワイナリーと多角的に事業展開をしています。自分が考えていた食品関係の仕事以外のことも知り、いろいろな経験ができると感じました。弊社だったら、これまで以上に熱中して取り組める、新しい好きな仕事を見つけられると思い選びました。

宮崎で働いてみての印象は?

ずっと宮崎で育ってきたのですが、それでも知らなかったイベントやスポットが県内に多くあることを社会人になり知りました。まだまだ知らない宮崎の魅力がたくさんあるのだと思います。宮崎で働きながら、もっともっと宮崎の良さを見つけ、楽しんでいきたいと思います。また、宮崎の人はとてもやさしく、気持ちよく仕事ができています。会社では上司、先輩、同期のみなさんが親切に接してくれます。イベント出店で販売をしている時は、お客様がとても温かく接してくださりありがたい気持ちになります。

仕事の内容、やりがいは?

現在の仕事は主にチラシやポスターの作成、社内新聞を編集する広報業務、ワインの在庫管理、ワインやおせちの注文管理などを行っています。また、事業サポートとして、小林市にある小林生駒高原葡萄酒工房にスタッフ応援として手伝いに行くことや、イベント出店の際には販売員のサポートなどもしています。弊社が45周年を迎え記念イベントなどもあり、いろいろな経験を積ませてもらっています。明るく楽しい職場で非常にやりがいがあります。これからは、イベントなどでもお客様にしっかりと説明できるようにワインの知識を付けていきたいと思っています。また、よりよいチラシやポスター、社内新聞が作れるように編集デザインの知識・技術も身に付けていきたいと思っています。

採用までの道のりは?

大学3年の冬頃から就職活動を始めました。大学の就職課に行き、先生方や先輩方に企業情報などを教えてもらいました。例えば、私は食品関係業界を考えていたので、どんな食品関係の企業があるのか教えてもらいました。実際の就職活動としては就活イベントや説明会に参加しましたが、コロナ禍で中止・延期となり不安でいっぱいになった時期もありました。人数・時間が制限されているイベントに参加し、できる限り会社の情報を集めました。試験対策としては一般常識を勉強し、就職課の先生に面接の練習をしてもらいました。6月に試験を受け、7月に内定をもらいました。

就活生へのメッセージ

不安と焦りで自信をなくしてしまう時もあるかと思います。その時は、焦らず、大学の就職課の先生方を頼ってみるといいと思います。必ず、自分に合った就職先の提案やアドバイスをもらえると思います。自ら「貢献したい!」と思える企業を見つけましょう!