会員登録 掲載企業 トピックス イベント みやにち就活ゼミ 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせ よくあるご質問
2022年6月27日(月)
トップ >  先輩の声 >  OPUS(カナヤマグループ) >  お客さまに「安心して楽しめる環境」を提供
OPUS(カナヤマグループ)

お客さまに「安心して楽しめる環境」を提供

2021年12月20日
黒木 香菜 さん
OPUS鹿屋店 班長
2015年4月入社
宮崎東高校卒業
1996年生まれ。宮崎市出身。2015年、宮崎東高校を卒業し入社。ホールを担当し、小松台店勤務を経て18年に鹿屋店に赴任。鹿児島県で初の一人暮らしにも挑戦中。
私の一日
今の仕事を選んだ理由は?

高校在学中は人見知りで、「環境を変えたい」と一念発起し、接客業を志望しました。合同就職説明会で会社の説明を聞き、充実した福利厚生や会社の雰囲気に引かれてこの会社を選びました。会社訪問で初めてお店に入ったとき、ホール内の音の迫力に圧倒されたことを覚えています。

仕事の内容、やりがいは?

ホールの担当として、お客さまの様子をうかがったり、遊技台に不具合がないかを確認したり、店舗を歩いて回っています。お客さまと会話する機会も多いので、「相手の話を最後まで聞いてから話すこと」を心掛けています。また、ホール内は音が大きいので、相手の話を聞き直すことがないように気を付けています。お客様に遊技台の特長や遊び方など、楽しいポイントをうまく伝えられた時にやりがいを感じます。最近は新型コロナ対策として、換気や台の消毒などを徹底し、お客さまに「安心して楽しんでもらえる環境づくり」に力を入れています。

会社の福利厚生は?

県外勤務になり初めて一人暮らしをすることになりましたが、会社は私の条件を聞いた上で住むところを探してくれ、家賃も補助してくれるので非常に助かっています。食事の補助も出るのでありがたいです。職場は「話が好き」な人ばかりで、同年代や女性が多く、いつもにぎやかです。

採用までの道のりは?

高校在学中は、面接のときの入退室のやり方や受け答えなど、就職活動の最後の最後まで先生に支えてもらいました。面接は「言いたいことは全部言う」という気持ちが大切。「一度しかない」と考えることで気持ちが吹っ切れます。