会員登録 掲載企業 トピックス イベント みやにち就活ゼミ 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 説明会 試験情報 お問い合わせフォーム よくあるご質問
2023年3月25日(土)
トップ >  先輩の声 >  宮崎銀行 >  地域企業や地元の皆さまの抱えるお悩みを解決する一助に
宮崎銀行

地域企業や地元の皆さまの抱えるお悩みを解決する一助に

2022年10月17日
小川 健太郎 さん
橘通支店
2022年4月 入行
熊本大学 卒業
1999年宮崎市生まれ。2022年、熊本大学法学部卒業。在学中は、ボクシング部と大学祭実行員会に所属する。2022年4月、宮崎銀行に入行。橘通支店に配属され、窓口営業係として窓口の後方業務を担当。
私の一日
宮崎県で就職し、今の仕事を選んだ理由は?

 当初は九州内か、宮崎県内の企業にするか悩みました。しかし、大学で県外に出ていたからこそ、宮崎の温かさを実感しましたし、改めて地元が好きだなと感じました。また、この仕事を選んだ理由は、宮崎への貢献を一番実感できる仕事ではないかと考えたためです。お金を介して地域企業の皆さま、地元の方々の抱えるお悩みを解決できます。そこが当行の仕事の大きな魅力だと感じました。

宮崎で働いてみてどうですか?

 新型コロナウイルス感染症などを考えると、人口の多い都会のリスクは地方には少ないと思います。また、コロナ禍を経験して、家族や友人との実質的な距離があることの不便さや不安を実感しました。地元に帰ったことで、家族に会いたい時にすぐに会える距離の近さは良いと感じています。また、接客が中心の仕事ですので、地元の方々の優しさをひしひしと感じます。温かい人柄のお客さまたちに接しながら、楽しく業務に当たっています。

仕事の内容、やりがいは?

 仕事は主に、窓口の後方事務を担当しています。口座開設などのお手続きをするのですが、お客さまのお金や個人情報を扱いますので、責任をもって業務に取り組んでいます。まだ、銀行業務の一部しかできていませんが、通帳やカードをなくされた方は、あせって不安な気持ちでお見えになっています。安心してもらえるようなお声掛けや対応を心掛けていますが、感謝していただけるとうれしくなります。また、お金の悩みは、どのお客さまにとっても大きな問題です。その手助けができることにやりがいを感じます。今後は法人のお客さまを担当し、地域企業の力になる行員を目指します。

採用までの道のりは?

 3年生の9月に宮崎銀行のインターンシップ、その後10月、翌年3月の座談会などのイベントにも参加しました。エントリーシートは3月に提出し、書類選考、4月からウェブでの面接へ参加し、6月に内定をいただきました。就職活動としては、就活サイトに登録した後、企業説明→インターンシップ→採用試験→採用という流れで進みました。九州内や宮崎県内と就職する地域をしぼってから、合同企業説明会に3回、インターンシップには10~15社参加しました。やりたい仕事や向いている仕事を探すために、さまざまな業種が見られる合同企業説明会の参加は役に立ちました。実体験として、自分の勝手な思い込みで就職先を選ばないためにも、さまざまな業種、企業に触れることは大事です。