会員登録 掲載企業 トピックス イベント 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせフォーム よくあるご質問
2024年7月14日(日)
トップ >  掲載企業 >  宮崎日機装株式会社
宮崎日機装株式会社
宮崎日機装株式会社
製造
基本情報

1億円

101億円

353名

32歳

4年

平均有給消化率 85.6% 

男性20名 女性4名

男性19名 女性4名

0%

2017年3月

代表取締役社長 長門 祥一

宮崎県宮崎市高岡町高浜1495番地6

0985-82-5600

0985-82-5678

https://www.miyazaki-nikkiso.co.jp/

宮崎から世界へ発信!地域と共に成長!

宮崎日機装株式会社
【会社概要】
 宮崎日機装は日機装グループの国内最大かつ最重要生産拠点として2017年に設立されました。敷地内には航空機や人工衛星、「空飛ぶ車」と呼ばれるeVTOL(電動垂直離着陸機)の部品を製造する「航空宇宙工場」と、産業用特殊ポンプを製造する「インダストリアル工場」の2つの工場があります。

【ここがポイント】
 ①宮崎から世界へ。世界中で活躍する宮崎日機装の製品
  中でも航空機の部品で炭素繊維強化プラスチック(CFRP)
  製の「カスケード」は、世界の民間航空機市場で95%以上
  のシェアを占めています。また、LNG、LPG等の低温液化
  ガスを移送する「クライオジェニックポンプ」を製造して
  いるのは世界で2社のみです。
 
 ②ワークライフバランスの実現を可能にする充実した長期休暇
  完全週休二日制に加え、2024年はGW10連休、夏季休暇9連休、年末年始休暇9連休となっており、
  自分の時間や家族との時間を充実させることができます。

 ③平均年齢32歳。若い社員が多く、活気がある職場
  設立が2017年ということもあり、若手の社員が多く新卒入社の方も馴染みやすい職場です。
  

先輩の声

得意分野を活かし、楽しく仕事をする!
井樋 有香 さん
品質管理部
井樋 有香 さん
宮崎国際大学 卒業

会社説明動画

宮崎日機装株式会社
  • 会社紹介
  • インターン
  • 採用情報
  • 試験情報
  • 説明会
  • 会社紹介

    事業内容

    炭素繊維強化プラスチック製航空機用部品、
    産業用特殊ポンプ・システム、その他

    沿革

    2017.03 会社設立 航空宇宙工場起工式
    2018.10 航空宇宙工場竣工、A320neo カスケード生産開始
    2019.03 A320neo カスケード初出荷
    2019.09 インダストリアル工場起工式 2020.12竣工
    2020.10 A320neo ファンケース生産開始 2020.12初出荷
    2021.06 クライオジェニックポンプ生産開始
    2021.06 クライオジェニック試験設備稼働開始
    2021.06 ノンシールポンプ、レシプロポンプ初出荷
    2021.05 メディカル研究・研修施設 M.ReT 完成
    2021.11 クライオジェニックポンプ初出荷

    事業所

    宮崎日機装 本社 

    関連会社

    【親会社】日機装株式会社

     設 立  1953年12月 資本金 1億円
     代表者  代表取締役社長 甲斐 敏彦
     資本金  65億4433万円
     所在地  東京都 渋谷区 恵比寿 4丁目20ー3
          恵比寿ガーデンプレイスタワー22階
     上場市場 東証プライム市場 (証券コード:6376)
     事業内容 産業用特殊ポンプ・システム、透析装置等医療器および消耗品、
          炭素繊維強化プラスチック製航空機用部品、その他
  • インターン

    情報がありません

  • 採用情報

    情報がありません

  • 試験情報

    情報がありません

  • 説明会

    情報がありません