掲載企業 イベント 就活虎の巻(会員限定) 就活ビギナー2023 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 業種別検索 お問い合わせ よくあるご質問 宮崎県就職ナビ2021
2022年1月18日(火)
トップ >  就活ビギナー2023 >  採用担当者のホンネ(6月号)

採用担当者のホンネ(6月号)

2021年6月25日
~挑戦目的、理由知りたい~

 学歴そのものはあまり気になりません。しかし、どうしてその道を選択したのかは気になります。目的があって能動的に選んだのか、得た知識や経験、資格を生かす道を選ぶ理由は何かなど、志望者を知る要素になるからです。

 専攻した学部学科の質問に対し、ぼんやりとした回答が返ってきたら、企業も不安な気持ちになり、興味は消えていくかも知れません。資格取得もどのような思いで挑んだのか、ゴールを達成する中で感動のストーリーがあれば知りたいです。

 資格は一つの頑張った証し。参考指標にはなります。資格で自分のレベルを測るのもよいでしょう。学業以外で興味を持って取得した資格もアピールポイントになるので、エントリーシートに記載しましょう。ただ、記載するのであれば希望する業界が求める資格水準をしっかり調べることをお勧めします。

 今すぐ必要な資格や知識ではなくても、いつか何かのアイディアにつながるのかも、と考える会社もあります。学ぶべきことは学び、挑戦した資格は目標通りに取得する、その経験を持って入社してきてほしいと思います。



『これ聞いていいですか!?』

Q.部活やバイトをしていた方が評価される?

 相手を知る上での参考にはなりますが、部活やサークル活動をしていたから有利ということはありません。アルバイトやボランティアも同じ。自身の経験値を上げる意味はありますが、「やりたいことがない」「必要がない」のであれば、経験しなくてもよいです。

 何をやるにしても、「何を得たか」が伴わないと意味がありません。ボランティアにただ参加したというのは逆に印象が悪いですね。

 会社が知りたいのは、自社に合う人材かどうか。「どんな人なのか」「入社して活躍してもらえそうか」といったことです。どのような活動にしても「やった」「やっていない」ではなく、周囲との関わり、担った役割、活動を通して学んだこと、成長できたことなどが問われます。

 「おとなしい学生は不利」という話もあるようですが、一概には言えません。おとなしくても、気持ちや考えを伝える努力は必要です。最近は「伝える」ことをしない学生が多いように思います。

 部活でも学業でも趣味でも、何かしら打ち込んだものをアピールできるようにしておいてください。





 このコーナーは、複数の県内企業の採用担当者に質問し、得られた回答を一つにまとめる形で記事を作成しています。「採用担当のホンネ」は採用担当者が就活生のどこを、何を見ているのか。「これ聞いていいですか?」は就活生の素朴な疑問に答えます。
近日開催されるイベント
学生のみなさまへ
お問い合わせ
採用担当者の方

電話でのお問い合わせ

宮崎日日新聞社
宮崎県就職ナビ事務局

0985-26-9333平日9:00~17:00

県内のニュース