掲載企業 イベント 就活虎の巻(会員限定) 就活ビギナー2023 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 業種別検索 お問い合わせ よくあるご質問 宮崎県就職ナビ2021
2022年1月18日(火)
トップ >  就活ビギナー2023 >  選考突破!カレンダー ~ 強み理解し企業に伝えて

選考突破!カレンダー ~ 強み理解し企業に伝えて

2021年5月14日
■早い時期に行動

 「自己分析」は、学生時代に取り組んだゼミ活動やサークル、アルバイトなどの経験や、そこから学んだことなどを掘り起こすことで、自分の特性や強みを理解し相手に伝えることができます。就活では重要な作業になるので、早い時期に取り組んでおきましょう。企業は選考で、各自の特性をどのように仕事に生かすことができるのかを見極めます。面接などでは、自分にはどんな強みがあり、入社後にどのような活躍ができるのか、説得力のある自己PRが求められます。

■「適性診断」活用を

 自己分析の方法はいくつかありますが、ヤングJOBサポートみやざきではパソコンの専用ソフトを使った「職業適性診断」を受けられます。性格や関心事に関する選択問題に答えると、興味の方向性や働き方などを判定します。自分も気付かなかった一面を知ることができ、職業選択の幅が広がります。

 希望職種に「興味や関心が弱い」との判定が出ても、早めに行動することで改善できることもあります。過去には苦手なコミュニケーションを克服しようと接客業のアルバイトを始めた学生もいました。興味がある分野を早くからあきらめる必要はありません。

■まず経験文字化

 自己分析ではまず、これまでの経験から自分がどの分野で頑張ってきたかを文字化する「経験の棚卸し」から始めましょう。その後、学業やサークル、アルバイト、留学などでの経験を具体的なエピソードを交えて「自己分析シート」に記入します。シートはヤングJOBサポートみやざきでも提供していますので、ぜひ活用してください。

 面接などでは、想定外のことを聞かれるケースもあります。自分の興味、能力、価値観を深く理解し、どのような話題を振られても対応できるように準備しておくことが重要です。

 早過ぎることはないので、時間があるうちに行動しておきましょう。



5月のまとめ 『これだけは!』

★ 自己分析は自分を知る重要な作業。3年生の早い時期に取り組もう。

★「職業適性診断」で自分の知らなかった一面も見えてくる。職業選択の幅を広げよう。

★「自己分析シート」で、どこでどのように頑張ったか、具体的に書きだそう。
近日開催されるイベント
学生のみなさまへ
お問い合わせ
採用担当者の方

電話でのお問い合わせ

宮崎日日新聞社
宮崎県就職ナビ事務局

0985-26-9333平日9:00~17:00

県内のニュース