掲載企業 イベント 就活虎の巻(会員限定) 就活ビギナー2023 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 業種別検索 お問い合わせ よくあるご質問 宮崎県就職ナビ2021
2021年11月30日(火)
トップ >  先輩の声 >  JAこばやし >  組合員さんと助け合いながら 地元の発展に貢献できる!

組合員さんと助け合いながら 地元の発展に貢献できる!

加木 佳太 さん
高原支所資材窓口係
2019年4月入組
福岡大学 スポーツ科学部 卒業
1996年生まれ。高原町出身。大学卒業の2019年入組し、現在は高原支所資材窓口係勤務。趣味は小学生から続けているバレーボール。JAこばやしバレー部のエースとしても活躍しているほか、地元・高原中バレー部のコーチも務め、後進の育成に力を注ぐ。
私の一日
このような組織です!

私たちの組織は、農家の方が協同して運営する協同組合です。組合員の人々が協同し合い、皆で幸せな地域社会を実現する事が目的です。自分たちの暮らしや地域を良くしようとしている農家の方々の手助けやお手伝いをするために働くのが私たち職員です。主な仕事として営農事業、貯金の受け入れや営農・生活資金の融資を行う信用事業、万が一に備えるための保険事業など幅広い事業を展開しています。

宮崎で就職を決めた理由は?

大学4年間、福岡に住んでいましたが、生まれ育った高原町が恋しくてたまりませんでした。小学生から続けているバレーボールの恩師が高原町にいて「一緒に指導しないか」と声を掛けてくれました。地元に恩返しもできると感じ、うれしかったです。

宮崎で働いてみてどうですか?

入組2年目で仕事はまだまだ力不足なところがありますが、大好きな高原町で快適に過ごしています。今は高原中バレー部の指導もしています。今年は県大会で学校初の優勝を勝ち取りました。来年も楽しみです。

今の仕事を選んだ理由は?

地元に貢献したいと思っていたのでJAだと決めていました。福利厚生や勤務体制がしっかりしていることも魅力ですし、JAは特に亡くなった祖父が米を栽培していたので、子どもの頃から身近に感じていました。

仕事の内容、やりがいは?

高原支所の資材窓口係で務めています。組合員さんの希望をお聞きしながら必要な肥料や飼料などを取りまとめ、供給する仕事をしています。地元の農畜産物の生産に直接関わる大切な役割です。まずは組合員さんと顔見知りになって、円滑な人間関係をつくることを大事にしています。
私が配達時に車の故障で立往生していたら、近くに住んでいる組合員さんが「いつもお世話になっているから」と、手を貸してくださり、助けてもらったことがありました。就職を喜んでくれた祖父が、わざわざ窓口にジュースを買いに来てくれたこともあり、うれしかったですね。JAで働いていると組合員さんを含め、たくさんの人から支えられている喜びを実感できます。それがやりがいですね。

会社の福利厚生は?

フォークリフトの免許や金融に関することなど仕事に必要な資格を取る場合、費用は全て補助されます。また部活動がとても盛んです。さまざまな地域の職員と交流ができるので勉強にもなるし、人脈も広がって楽しいです。

採用までの道のり

福岡と宮崎で開催された就職説明会に参加しました。子どもの頃から農業機械の点検や修理にJAの職員が来ていたので機械を取り扱うイメージがあったのですが、入組後は金融や販売など仕事内容が多岐に渡っていることを知りました。
試験準備として、JAは第一印象を大切にしていると先輩に聞き、面接の際のノックやおじぎなどを学校で練習しました。祖父にJAの就職が決まったことを伝えたら「若いうちは足を使って働くように」とアドバイスしてくれました。

就活生へのメッセージ

今、企業説明会に足を運べないなど例年通りの就活ができずに大変だと思いますが、ウェブで情報をたくさん集めて気になる企業があれば直接連絡するなど、独自に動いてみてもいいと思います。その際は、自分のやりたいことを思い切ってやってみよう、挑戦しようという気持ちを大切にしてください。

近日開催されるイベント
学生のみなさまへ
お問い合わせ
採用担当者の方

電話でのお問い合わせ

宮崎日日新聞社
宮崎県就職ナビ事務局

0985-26-9333平日9:00~17:00

県内のニュース